高麗人参でアトピー性皮膚炎を改善

MENU
スポンサードリンク



最終更新日:2018/08/11

アトピー性皮膚炎に対する高麗人参の効果

アトピー性皮膚炎の原因は諸説ありますが、清潔な環境に生活していることによる免疫の低下が主な要因の一つであるというのが有力となっています。

 

アトピー性皮膚炎は先進国病と呼ばれており、清潔すぎる環境に生活していることと密接に関係してるということがいわれています。

 

高麗人参に含まれているジンセノサイドには免疫細胞に作用して免疫を活性化させるという働きがあることから、免疫低下が原因となって発生するアトピー性皮膚炎の効果的に働きます。

 

免疫細胞を活性化させてアトピー性皮膚炎を改善する高麗人参

高麗人参には骨髄に働きかけて免疫細胞の生成を活性化させるという働きや、ウイルスや細菌から体を守るナチュラルキラー細動を活性化するという働きがあります。

 

この働きにより、免疫が向上するので風邪やアレルギーなどの予防に役立つと共に、皮膚表面や腸内に存在し、アトピー性皮膚炎の原因となる悪玉細菌や真菌などの抑制効果を高めることができます。

 

アトピー性皮膚炎は皮膚表面に常在する細菌や、腸内の悪玉菌、胃腸の消化不良、免疫抗体の不均衡などによって生じるとされているので、免疫を高めるということは意味のあることです。

 

詳しくは>>高麗人参の免疫アップ効果

高麗人参は特に「冷え体質のアトピー性皮膚炎」改善に効果的

アトピー性皮膚炎には「冷え性タイプ」と「火照りタイプ」の2タイプあります。高麗人参はこのうち「冷え性タイプ」に効果的です。

 

体が冷えると血流が悪化することや、免疫細胞の動きが悪くなることなどが原因となり、体全体の免疫が低下してアレルギー症状が悪化することがあります。

 

高麗人参には全身の代謝を活性化させて冷え性を改善するという働きがあるので、冷え性が原因となりアトピー性皮膚炎が生じている場合に効果を発揮します。

  • 体温が低い
  • 夏でも薄着すると冷えを感じる
  • 寒いのが苦手
  • 寒いと外出したくなくなる
  • 寒くなると体力低下しやすい

という症状がある場合には、冷え体質がアトピー性皮膚炎の原因になっている可能性があります。

火照りタイプのアトピー性皮膚炎には慎重に高麗人参は用いる

 

冷えタイプとは対照的な火照りタイプの体質の方は、高麗人参を用いると悪化することがあるので様子をみながら用いるようにします。

  • 火照りやすく汗をかきやすい
  • のぼせやすく暑がり
  • 冬でもあまり寒さを感じない
  • 皮膚炎部分に熱感を感じ、温めると悪化する

などの症状がある場合には、体に熱がこもっている可能性があるので、高麗人参を利用する場合には慎重に用いるようにします。

 

もし、症状が悪化する、長期間服用しても改善しないといった場合には服用をやめて様子をみるようにします。

 

胃腸虚弱タイプアトピーにも効果的な高麗人参

胃もたれや食欲不振など胃腸の働きが弱い場合には、食べたものを十分に消化できないため、未消化物が小腸に移行することがあります。

 

未消化物が小腸に移行してしまうと、それを異物とみなした免疫細胞が攻撃を仕掛けてしまい、その免疫反応が全身に波及してアトピー性皮膚炎を引き起こすことがあります。

 

高麗人参には胃腸の働きを向上させるという働きがあることから、摂取することにより未消化物によって引き起こされるアレルギー反応を抑制することができます。

 

スポンサードリンク