高麗人参の各種精神疾患予防効果

MENU
スポンサードリンク



最終更新日:2018/08/11

高麗人参の各種精神疾患予防効果

 

精神疾患の多くはストレスや生活習慣の乱れ、心身の過労などによって生じるとされています。特にストレスの影響は多く、精神疾患によって自ら命を絶つ人も増加し続けているという現状があります。

 

人間の脳というのは能力が高く、それ故に色々なことを考えてしまい、脳内のバランスを崩してしまうことが原因となります。

 

高麗人参には脳内神経伝達物質の生成を高める作用や、自律神経を安定させるという働きなどがあるので、各種精神疾患の改善に役立ちます。

 

神経伝達物質の生成を促す高麗人参

各種精神疾患の原因の一つとされているのがモノアミンと呼ばれる、脳内に分泌される神経伝達物質の不足です。

 

長期に渡るストレスによって神経伝達物質の分泌が亢進した状態が続くと、やがて分泌する器官の機能低下や神経伝達物質の不足が引き起こされます。神経伝達物質が不足してしまうと、脳の機能が正常に維持されにくくなってしまうので、精神疾患が引き起こされる原因になります。

 

高麗人参には神経伝達物質の材料となるアミノ酸の生成を促す作用や、分泌する脳の器官を活性化させるという働きがあるので、各種精神疾患の予防、改善に役立ちます。

 

神経の働きを調節して精神疾患を予防する高麗人参

高麗人参には神経の働きを調節するという働きがあります。

 

高麗人参には神経を刺激して興奮性を高めるという働きによりうつ症状などの沈んだ心を改善するという効果と、逆に神経の高ぶりを抑制して、イライラや不安感を改善するという効果の2つを併せ持ちます。

 

この効果により、機能が低下している場合には持ち上げ、逆に高ぶっている場合にはリラックスさせるという両方の効果を得ることができます。

 

精神疾患には色々タイプがあり全ての症状に対して高麗人参が適応になるとは限りませんが、自律神経が不安定であり、気力体力共に低下している場合には、高麗人参が適応になると思われます。

 

内臓の働きを高めて精神疾患を改善に導く高麗人参

精神疾患が長期化すると、自律神経が乱れてるので内臓やホルモン系の働きも低下してしまいます。

 

内臓やホルモン系の機能が低下してしまうと、食欲不振や動悸、息切れ、ストレス耐性の低下などが引き起こされて、更に精神症状が悪化してしまうことがあります。

 

高麗人参には代謝や神経系の働きを活性化させたり、各種栄養やエネルギーの生成を活発にするという作用があるので、内臓の機能向上、ホルモン分泌の活性といった効果を得ることができます。

 

これにより、精神疾患によってもたらされる心身への不快症状を低減させることができます。

精神的なことは少しずつ運動を取り入れることも大事

各種精神疾患の改善に有効なのが「運動」です。

 

運動は自律神経や脳の機能アップに有効なだけではなく、全身の血流アップやホルモン系の機能向上といった働きもあるので、精神疾患の予防、改善はもちろん、付随する不快症状の改善にも役立ちます。

 

特に、運動不足によって生じるめまいや息切れ、動悸、すぐに疲れてしまう、風邪を引きやすい、冷え性などの症状がある方に効果的です。

 

高麗人参には運動機能を高めるという働きもあるので利用すると効果を高めることができます。

スポンサードリンク