高麗人参の下痢予防・改善効果

MENU
スポンサードリンク



最終更新日:2018/08/11

高麗人参の下痢を改善・予防する働きとは

 

高麗人参には主に胃腸の機能低下、冷え、消化不良によって生じる下痢を改善するという働きがあります。

 

下痢は食中毒や感染症などによっても生じることがあるので、むやみに止めない方がいいとされています。しかし、症状が激しくなく、長期に及ぶ場合には機能低下などが原因になっていることが多いので、高麗人参の適応になります。

 

当然ですが、腹痛が強い、悪臭がする便が出る、風邪症状を伴うなど不快症状が強い場合は、医療機関を受診して治療を行うようにします。

 

胃腸の機能低下を改善して下痢を改善する高麗人参

高麗人参には胃腸の機能を向上させるという働きがあります。主に中枢神経及び胃腸に直接作用して胃腸の働きを活発にするという作用によります。

 

胃腸の機能が低下してしまうと、飲食物が消化不良のまま小腸に流れてしまうことや、毒性物質が無毒化されずに小腸に流れてしまうことにより、それが刺激となり小腸、大腸の動きが活発になりすぎることにより下痢が発生します。

 

高麗人参を摂取することにより、消化や毒性物質の無毒化が正常に行われるようになるので、胃腸の機能低下によって発生する下痢が改善されます。

 

冷え腹を改善して下痢を止める高麗人参

冷たい物を摂取しすぎてしまうと、胃腸が冷やされて機能低下が生じます。胃腸の機能が低下すると、先ほど説明したように消化不良、毒性物質が無毒化されないことなどにより下痢が引き起こされます。

 

高麗人参を摂取することにより、胃腸が直接温められることや、全身の代謝を活性化して体全体が温められるので、冷えによる下痢が改善されます。

 

収斂力によって下痢を止める高麗人参

高麗人参には収斂(しゅうれん)という効果があります。収斂とは引き締めるという働きであり、摂取することにより消化器官の粘膜を収斂させるという効果を発揮します。

 

当然、大腸の粘膜も収斂させるので動きが抑制されて下痢や軟便などが改善されやすくなります。

 

  • 胃腸が弱く下痢しやすい
  • 特に原因がないにも関わらず下痢が続く
  • いつも軟便気味
  • 変わったものを食べると下痢になる

 

というような、腸が過敏で些細な原因によって下痢が引き起こされてしまうという方に高麗人参は効果的です。

ストレス性の下痢には逆効果になることがある

 

高麗人参は中枢神経に作用して興奮性を抑制するという働きがあるので、ストレス性の下痢の改善に有効だということもありますが、逆に興奮を高めてしまうという作用もあるので下痢を悪化させてしまうこともあります。

 

このように、ストレス性の下痢に対しては止める効果も悪化させるリスクもあります。

 

悪化させてしまうリスクがある以上、積極的に使うということをおすすめすることはできませんので、なるべくストレス性の下痢の時は高麗人参を用いないようにします。

 
スポンサードリンク