高麗人参のストレス耐性アップ効果

MENU
スポンサードリンク

高麗人参とストレス耐性

現代はストレス社会といっても過言ではありません。

 

事実、年々ストレスによる疾患は増え続けており、最近では厚労省が指定している重点的な対策が必要だとされる医療計画に、精神疾患が加えられて「5大疾病」となったというニュースは記憶に新しいと思います。

 

その精神疾患に打ち克つのに必要な「ストレス耐性」を引き上げるのに「高麗人参」が効果を発揮します。

 

高麗人参がストレス耐性を高める2つの理由

高麗人参が副腎皮質ホルモンを刺激する

副腎皮質ホルモン

人間がストレスによるショックを緩和させる方法としては、ストレスが引き起こされた際に副腎皮質ホルモンを分泌させて、ストレスによるショックを緩和させるという方法をとります。

 

副腎皮質ホルモンが分泌されると、ストレスによる神経の過興奮を緩和させて体を守る…という仕組みです。

 

高麗人参はこのストレスから身を守ってくれる副腎皮質ホルモンのひとつ「ステロイドホルモン」の分泌を優位に高めてくれます。

胃腸の働きを向上させる

高麗人参で胃腸の働きが向上

なぜ胃腸の働きを向上させるとストレス耐性が高まるのかといいますと、胃腸の働きというのは人間の情緒系に関わっているとされています。

 

よく、胃腸の調子が悪いと何となく調子が悪いという人がいますが、これはその人が特殊なのではなく、皆、胃腸の調子が悪いと情緒が安定しないで不快感を覚えるためです。

 

なので、高麗人参を服用して胃腸の働きが向上すると、情緒が安定するので自ずとストレス耐性が引き上げられます。

 

以上、高麗人参はストレスを緩和させるホルモンの分泌を良くすると共に、情緒と呼ばれる心や気持ちの基本となっている部分を安定させるという効果から、ストレス耐性を引き上げることが出来るというわけです。

 

ストレス耐性とは?

 

ストレスを抱えた人

ストレス耐性とは読んで字の如く、ストレスに耐えられる度数をいいます。

 

例えば、人を10人集め不快であろう騒音を聞かせたとしても、すぐに耐えられなくなる人もいれば、全く不快だと思わない人とがいます。これは、単純にストレス耐性が異なることを意味します。

 

なので、もし仮に同じ内容の仕事をやったとしても、ストレス耐性が弱い人は精神病を発症するでしょうし、逆にストレス耐性が強い人は精神病には至りません。

 

精神病に至るまでは長い期間、精神的苦痛に耐えに耐え、時間を積み重ねて発症するケースが多く見受けられます。当然、治すのにも長い時間が必要となります。

 

そうならない為にも、日頃からストレス耐性を高めておくことが肝心であり、その効果に期待できるのが高麗人参です。

スポンサードリンク