大塚製薬「高麗人参」の口コミ・評判を徹底調査|メリット・デメリット・副作用まとめ

MENU
スポンサードリンク



最終更新日:2018/08/11

大塚製薬「高麗人参」の口コミ・評判を徹底調査|メリット・デメリット・副作用まとめ

大塚製薬「高麗人参」の良い口コミ・悪い評判

良い評判

  • 病気や風邪を引いた時に摂取しているが翌日にはすっかり元気になっている。
  • よく見かける怪しい精力剤なんかよりよっぽど効果を実感できる。
  • 就寝前に使用するとスッキリした翌朝を迎えることができる。
  • 疲れた時に2粒摂取するだけで全然効果はある。
  • お手頃な価格帯の商品の中では一番効果を実感できた。

 

悪い評判

  • この商品を摂取すると逆に体調を壊してしまう。
  • 摂取した2日後には立ち眩みが襲ってきたのでやむなく断念。
  • 本当に高麗人参は含有されているのかというくらいに効果を実感できない。
  • 更年期障害のために購入したが改善を図ることはできなかった。
  • 有効成分の含有量が少ないのが惜しい。

 

大塚製薬「高麗人参」のメリット・デメリット

メリット
  • 大手企業が販売する高麗人参をお手頃価格で購入できる。
  • 1粒にハーブエキスがふんだんに詰まっている。
  • 東洋で2000年以上も愛好されている良質ハーブを含有。
  • 日本を代表する数々の健康食品や健康飲料を販売しているから信頼度は間違いない。

 

デメリット
  • 通常購入と定期購入の価格が同じだからお得感がない。

 

商品実績

記載なし

 

 

大塚製薬「高麗人参」の商品情報

配合成分(主成分)

高麗人参

 

成分量【2粒あたり】

乾燥高麗ニンジン根:1226mg/相当の乾燥抽出物:350mg

 

栄養成分【2粒あたり】

エネルギー:2.24kcal/たんぱく質:0~0.2g/脂質:0~0.2g/炭水化物:0.42g/ナトリウム:0~4mg/

 

特徴

大塚製薬が販売する高麗人参は主成分を高麗人参としています。類似商品としてはフロムココロの高麗のめぐみ、生活総合サービスの高麗美人が挙げられますが価格を重視するのであれば本製品がオススメ。

 

価格ですが高麗のめぐみで6,580円(税込/送料別)、高麗美人で3,024円(税込/送料無料)、大塚製薬の高麗人参で1,490円(税込/送料別)と本製品が最も安価になっています。

 

大塚製薬が販売する高麗人参サプリだけあって全国のドラッグストアやスーパーで購入することも可能なので安価かつ手軽な点も高評価と言えるでしょう。

 

内容量

摂取目標

60粒

1日2粒

 

副作用

健康食品であることから副作用の心配はありません。一時的に目眩や眠気、頭痛、下痢といった症状が発症する場合がありますが副作用によるものではないです。かといって過剰摂取は副作用を発症させる危険性があるので摂取目安は守ってください。

 

アレルギー成分

アレルギーをお持ちの場合には原材料を確認するか、お医者で相談してからご使用ください。

 

商品の安全性
  • 香料・保存料・添加物は一切不使用だから安心して摂取できる。
  • ISO9001やHACCPといった安全基準を取得している。

 

 

価格や保証・サポートについて

価格

通常購入

定期購入

1,490円
税込/送料別

1,490円
税込/送料無料

 

 

特典・プレゼント

定期購入限定

  • 全国の送料が常時無料。
  • お届け日時を自由に組み立てることができる。
  • 商品の配送周期を変更することができる。
  • 次回配送日を事前にメールにてお知らせ。
  • 管理栄養士による健康管理サポートを無料にて実施。

 

保証制度

返金保証制度:なし

返品・交換に関しては商品到着後8日以内であれば対応可能です。購入者都合による返品・交換は未開封品に限り対応可能となっていますが返送料は購入者負担となります。
詳細はこちら:https://www.otsuka-plus1.com/shop/pages/law.aspx

企業概要

お客様サポート

URL:https://www.otsuka.co.jp/nmd/product/item_502/
TEL:0120-550-708

 

会社名 大塚製薬株式会社
住所 東京都千代田区神田司町2-9
電話番号 03-6717-1400
代表者 樋口達夫
設立 1964年8月10日
資本金 200億円
従業員数 5,627名
事業内容 医薬品、臨床検査、医療機器、食料品、化粧品の製造・販売・輸出・輸入

 

  • 1965年にオロナミンCドリンクの発売を開始。
  • 1980年にポカリスエットの発売を開始。
  • 1983年にカロリーメイトの発売を開始。
  • 1988年にファイブミニの発売を開始。
  • 2000年に現代表者である樋口達夫氏が社長就任。
  • 2008年に岩本太郎氏が社長就任。
  • 2015年に樋口達夫氏が社長再就任。
  • 2006年にソイジョイの発売を開始。
  • 2013年にポカリスエット イオンウォーターの発売を開始。
  • 2015年でオロナミンCドリンクが生誕50周年を迎える。

類似商品の紹介

 

協和食研 有機田七人参ピュアタブレット
主成分 田七人参
価格 3,900円(税込/送料無料)
特徴 錠剤タイプと粉末タイプの2種類を選択できる田七人参を含有した高麗人参サプリ。

 

さくらフォレスト 白井田七
主成分 田七人参
価格 6,480円(税別/送料無料)
特徴 田七人参では最も名の知れた商品で、軽い衝撃を加えるだけで砕ける繊細な錠剤が特徴の高麗人参サプリ。
スポンサードリンク