高麗人参の各種関節痛改善効果

MENU
スポンサードリンク



最終更新日:2017/12/21

高麗人参の各種関節痛への効果

関節痛には膝痛、腰痛、肩関節痛などがありますが、その要因はリウマチや軟骨のすり減り、ヘルニア、筋肉のこわばりなど様々です。高麗人参にはこれら様々な要因に対して予防や改善に役立つという働きがあります。

 

まずは自分の体に引き起こされている関節痛の原因を特定し、それに見合った改善法を行うと共に、高麗人参を摂取して自分の身体の細胞を元気・活性化させるという方法を選ぶようにします。

 

リウマチに対する高麗人参の効果

リウマチは自己免疫が何らかの原因により、自分の骨を攻撃してしまい痛みが生じるという疾患です。この原因は明らかにされていませんが、一説によると自分の体内に慢性的に生じている「炎症」が原因となり、免疫が誤作動を起こすといわれています。

 

炎症の多くは喫煙や免疫機能の低下、体力の低下などによって引き起こされるとされており、高麗人参にはこの原因となる炎症を改善するという働きがあります。

 

高麗人参には慢性炎症の原因となる免疫や体力の低下、腸内環境の悪化などを改善するという働きがあることから、リウマチの予防、改善に役立ちます。

 

ただし、炎症が激化している時は悪化する時もあるので慎重に利用する必要があります。

 

骨や筋肉の再生に役立つ高麗人参

高麗人参には老化や心身の酷使による軟骨のすり減り、筋肉の損傷、骨の損傷などの回復力を高めるという働きがあります。

 

特に、高齢者に多いのですが、長年使い続けた関節は骨や軟骨が損傷しやすくなっており、それにより慢性的な関節痛が生じやすくなります。

 

高麗人参には損傷した骨や筋肉、腱などの再生を促すという働きがあるので、老化によって損傷した部位の改善を促してくれます。特に心身が弱った高齢者や小児、運動や労働負荷が多い方などの関節痛に効果的です。

 

筋肉のこわばりによる関節痛を改善する高麗人参

意外に多いのが筋肉のこわばりによって生じる関節痛です。ストレスや労働による酷使、運動不足、老化などにより筋肉組織が硬くなってしまうと、関節周辺への血流が悪化することにより痛みが生じやすくなります。

 

長時間正座をしていると足が痛くなりますが、これも血流の悪化による痛みです。筋肉の緊張及び全身の血流悪化があると、関節や神経への栄養供給が滞るので痛みが出やすくなります。

 

高麗人参には筋肉の緊張を緩和させる効果及び、血液の流れを活発にするという働きがあるので、筋肉のこわばりによる関節痛を改善に導くことができます。

負荷を減らし関節を柔らかくすることが改善に繋がる

関節の痛みを軽減させるには、関節への負荷を減らし、且つ関節を柔らかくすることが大事になります。

関節の負担を減らすには

  • 体重を減らすこと
  • 飛び降りたり重いものを持つなどの負荷を減らすこと
  • 仕事や運動を調整すること

などが大事になります。

関節を柔らかくするには

  • ストレッチや軽い運動を日課とすること
  • 体を冷やさないこと

などが重要になります。

また、筋力の維持も必要となるので、適度に筋力トレーニングを行うことも併せて行うようにします。

 

スポンサードリンク