高麗人参はいつ摂取すれば効果的なのか?

スポンサードリンク



最終更新日2017/11/05

高麗人参を服用するタイミング

 

 

 

高麗人参とは古来より伝わる漢方薬の一種です。漢方薬は古来より食事の30分程度前に服用するものとして受け継がれてきました。

 

なので、高麗人参においても例外ではなく、朝昼晩3回の食事の30分程度前に服用するのが一番なのです。


食事の30分前とする理由

高麗人参は空腹時がベスト

なぜ30分前なのかといいますと、漢方薬というのは胃腸での吸収率があまりよくないからだといわれています。

 

人間の胃腸というのは空腹時に胃腸に入ってきたものは吸収が比較的良く、食後に入ってきたものはあまり良くないという傾向にあります。

 

以上の理由であまり吸収率の良くない漢方薬の高麗人参は、食事の前の空腹時に服用するのがいいのです。

服用回数

服用

服用をする回数としては、高麗人参は薬の効果をもたらす時間が比較的短いという事と、一度に大量に摂取しても吸収率の問題であまり意味がないことなどが要因となります。

 

大体一日3回もしくは2回となっていますが、3回の場合は朝昼晩の食事の前に服用し、2回の場合は朝と晩の食事の前の服用となります。

頓服として

元気

以上の服用の仕方は、長期に渡って服用を続け体質を改善するケースですが、高麗人参は「頓服」といって、その時だけパワーを補充したい時だけ服用するという方法もあります。

 

例えば運動の前や、飲み会の前、彼女と遊ぶ前、旅行に行くときなどここぞという時に飲んでパワーを漲らせるという飲み方もあります。

 

そのような時もなるべくなら空腹時に服用するようにすると効果を早く実感することが出来ます。もし、飲みたいと思った時に空腹でない時は別に空腹にこだわることなく服用しても結構です。

 

ちょっと効果が出るのに時間を要しますが、飲まないよりは確実に元気になりますし、結果的に早い遅いなどの差がありますが効果は期待できます。

 

 

 

 

以上、高麗人参を服用するタイミングになります。是非参考にして下さい。


 

スポンサードリンク