手術後は高麗人参

スポンサードリンク



最終更新日2017/11/05

高麗人参と術後の回復について

 

 

 

手術後は体力を消耗して回復力が本来よりも遅くなります。

 

これは当然といえば当然で、手術というのは体にメスを入れたりして出血を伴うと共に、心身に大きなストレスを与えます。

 

このストレスによりホルモン系を酷使してしまい回復力を大きく遅らせてしまうのです。

 

そして、この術後の体力回復に高麗人参が大きく貢献できるということが分かっています。


高麗人参が術後の体力低下に効果を発揮する理由

高麗人参は術後の回復に効果を発揮する

なぜ高麗人参が術後の回復に効果を発揮するのかというと、高麗人参の「補気作用」に由来します。

 

漢方用語で補気とは「元気を増す作用」といって、全身の働きを向上させる作用です。

 

全身の働きとは五臓六腑や筋肉はもちろん、ホルモン系、造血系、免疫力など全ての働きを向上させることができます。これらの働きにより手術で弱った体を立ち直らせ、術後の回復力を飛躍的に良くすることが出来るのです。

高麗人参には術後の感染を防ぐ効果もある

手術後の心配として、メスなど入れた場合は特に感染症への心配が強くなります。特に手術後は体力の低下もありますので、普段以上に感染に弱くなってしまいます。

 

この術後の感染症を予防するのに高麗人参が役立ちます。高麗人参は免疫力を優位に高めることが出来るので、ウイルスや細菌に対抗する免疫力を向上させ感染症を最小限に食い止めることが出来るのです。

高麗人参は術後の癒着も改善する

高麗人参は術後の癒着にも作用する

手術後にどうしても起こってしまう現象として癒着があります。これは通常離れているべき細胞と細胞が、手術による炎症が減少でくっついてしまうという現象です。

 

この癒着によりいつまでも患部に痛みが残ったり、治りが悪くなったりする原因になるのです。

 

高麗人参は免疫力や自然治癒力を向上させることにより、患部の癒着を治りやすい状態へと導くことが出来るのです。

 

 

 

以上、高麗人参が手術終了後の回復力を向上させるという説明になります。

 

しかし、これらはあくまでも自然治癒力を向上させるという意味で、抗生物質(抗菌剤)を使うべきなのに使う必要がなくなるというものではありません。

 

あくまでも担当の医師に従い治療を行った上で、自然治癒力を上げるべく治療の補佐として服用するものということを忘れてはなりません。


 

スポンサードリンク