有機田七人参ピュアタブレットの口コミ・評判を徹底調査|メリット・デメリット・副作用まとめ

MENU
スポンサードリンク



最終更新日:2018/04/13

有機田七人参ピュアタブレットの口コミ・評判を徹底調査|メリット・デメリット・副作用まとめ

有機田七人参ピュアタブレットの良い口コミ・悪い評判

良い評判

  • 摂取しておくと飲み会に参加した翌日には二日酔いにならない。
  • 便通の調子も良くなって効果アリだと実感できている。
  • パウダータイプよりもタブレットタイプの方が摂取しやすい。
  • 内容量が多く、価格も低価格で長く続けていけそう。
  • 摂取してからは早朝の起床が辛くなくなった。

 

悪い評判

  • ゴボウのような独特な風味が受け付けなかった。
  • 1日の最大摂取目安が30粒はあまりに多すぎる。
  • 成分量をもう少し多く含有してくれれば良かったなと思う。

有機田七人参ピュアタブレットのメリット・デメリット

メリット
  • 有機田七人参を100%配合だから高い実感力を期待できる。
  • 希少な田七人参で考えればリーズナブルな価格帯に設定されている。
  • 錠剤タイプが駄目な人には粉末タイプも販売されている。

 

デメリット
  • 1日10~30粒と飲むのが嫌になるほど摂取量が多い。
  • 基本的にAmazonでしか販売されていない。
  • 企業の設立年数が10年未満とまだまだ歴史が浅く信頼度を確立できていない。

 

商品実績

記載なし

 

 

有機田七人参ピュアタブレットの商品情報

配合成分(主成分)

田七人参

 

成分量

記載なし

 

栄養成分

記載なし

 

特徴

協和食研の有機田七人参ピュアタブレットの主成分には田七人参を使用しているのが魅力ですね。類似商品として湧永製薬の湧永田七分包やさくらフォレストの白井田七がピックアップされますが価格を重視するのであれば本製品がオススメです。

 

価格ですが湧永田七分包が4,999円(税込/送料別)、白井田七で6,480円(税別/送料無料)、有機田七人参ピュアタブレットで3,900円(税込/送料無料)と本製品が最も安価になっています。

 

希少成分である田七人参を使用した製品自体多くはないので価格を重視した際には本製品を購入するか検討するのがいいでしょう。

 

内容量

摂取目標

90g(100mg×900粒)

1日10~30粒

 

副作用

健康食品であることから副作用の心配はありません。一時的に目眩や眠気、頭痛、下痢といった症状が発症する場合がありますが副作用によるものではないです。かといって過剰摂取は副作用を発症させる危険性があるので摂取目安は守ってください。

 

アレルギー成分

アレルギーをお持ちの場合には原材料を確認するか、お医者で相談してからご使用ください。

 

商品の安全性
  • 安全基準でもある有機JASに認定されている商品。
  • 栽培時の乾燥を「ハウス乾燥」にすることによってムラのない一定の品質を保つことができる。
  • 輸入した田七人参は日本にて粉末加工しているから安心・安全。

 

 

価格や保証・サポートについて

価格

通常購入

定期購入

3,900円
税込/送料無料

なし

 

 

特典・プレゼント

なし

 

保証制度

返金保証制度:なし

返品・交換を満たす条件に関しては記載されていません。しかし、販売サイトがAmazonであることから管理画面から返品処理を実行することは可能です。
詳細はこちら:https://kyowashokken.co.jp/よくある質問/

企業概要

お客様サポート

URL:https://kyowashokken.co.jp/商品/
TEL:0120-687-193

 

会社名 協和食研株式会社
住所 福岡県福岡市中央区天神1-9-17 福岡天神フコク生命ビル15階
電話番号 0120-687-193
代表者 本山恭介
設立 平成23年10月
資本金 300万円
事業内容 健康食品原料の卸売・小売り/サプリメントの製造販売

 

販売商品には「クラチャイダム ピュアカプセル」「HMBタブレット」などがある。

類似商品の紹介

 

湧永製薬 湧永田七分包
主成分 田七人参
価格 4,999円(税込/送料別)
特徴 湧永製薬株式会社が販売する商品の中でも自信作の1つでスティックタイプで持ち運び便利な高麗人参サプリ。

 

さくらフォレスト 白井田七
主成分 田七人参
価格 6,480円(税別/送料無料)
特徴 田七人参では最も名の知れた商品で、軽い衝撃を加えるだけで砕ける繊細な錠剤が特徴の高麗人参サプリ。
スポンサードリンク